殺虫剤では対処できない南京虫駆除やキイロスズメバチ駆除の基本

作業員

危険な蜂に要注意

自然

毒性が強く、最悪の場合は死に至るケースもあるキイロスズメバチは、早めに駆除することが大切です。特に生活圏で蜂が発生したら、すぐに業者へ連絡して現地調査をしてもらうようにしましょう。

View Detail

殺虫剤では退治できない

スプレー

海外からの旅行客が増加した今、日本国内は数多くの観光スポットや宿泊施設が賑わいを見せています。ただ、その反面で問題になっているのが、南京虫の発生。日本では1970年代に絶滅したと言われている害虫であり、その被害も減少傾向でした。しかし、海外客の荷物や衣類に紛れ込み、日本国内でも被害件数が増加しています。
南京虫は吸血性の害虫であり、噛まれると赤く晴れてあげしい痛みを伴います。また、敏感肌だと蕁麻疹になり、発熱を伴うこともあるため大きな被害に繋がりかねません。このため、国内では南京虫駆除の需要が大きな高まりを見せているのです。

現在発生している南京虫の特徴は、市販のピレスロイド系殺虫剤では全く効果がないということ。南京虫は殺虫剤から身を守る耐性ができたことから、全く歯がたたないと言われています。つまり、南京虫の発生が見られ、急いで殺虫剤を振りまいたとしてもほとんど意味がないわけです。
ただし、南京虫駆除のプロは別で、この進化した害虫に対して適切な退治を行なってくれます。例えば、効果が高いエアゾールタイプの薬剤を使用したり、残効性のある薬剤を散布して二次被害を防いだりします。また、発生している場所によってスチーム、熱風乾燥、さらに和室に最適な専用粉剤を使用されることもあります。これらの駆除は専門業者が現地調査をした上で対処してくれるので、安心してお任せすることができるでしょう。自分達では退治することができない厄介な害虫だからこそ、プロの目と腕に任せることが一番です。

ドローンを使った駆除

作業員

危険な毒針を持つ蜂の大元である蜂の巣を退治するなら、専門業者に依頼をして安全に行なうのが先決です。最近は小型飛行機器のドローンを用いた駆除が人気で、スピード性と安全性が高まっています。

View Detail

梅雨時期は要注意

男性作業員

知らない間に発生してしまうトコジラミの被害に悩んでいる場合は、トコジラミ駆除を専門に請け負うプロに依頼するのが一番でしょう。有機リン系やカーバメート系の専用薬剤を使用し、成虫だけではなく幼虫や卵もしっかり駆除してくれます。

View Detail